合気道

 合気道とは

  • 合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統の
    武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した
    現代武道です。

    合気道は、相手といたずらに力で争いません。
    入身(いりみ)と転換の体捌きから生まれる技によって、
    お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を
    図るのを目的としています。

    合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合を行い
    ません。

    お互いを尊重する姿勢を貫く合気道はいのちの大切さが
    うたわれる現代にふさわしい武道といえるでしょう。
    合気道が「和」の武道といわれる所以もここにあります。

 

 












合気道の特色

  • 合気道は競技を行いません。

     お互いの習熟度に合わせて技を繰り返し稽古し、
     心身の錬成を図ることを目的としていますので、
     誰でも稽古できます。稽古の積み重ねが健康に
     よいのはいうまでもなく、日常生活において
     何事にも積極的に取り組む自信が自然と培われ
     てきます。

     また、道場には、年齢・性別・職業・国籍を
     問わず多くの人々が集まってきますので、
     道場は、人間理解の眼を深めるには最適の場です。
     合気道の稽古に終わりはありません。
     稽古を始めたら、根気よくたゆまず続けることです。
     稽古を続けることが進歩への第一歩であり、
     合気道の大切な一面でもあるのです。

 

合気道の動き






















武術から武道へ

  • 武術は本来、自己または他者の死生に関するものであった。

     しかし、武術は心の裏付けとして様々な思想と結びつき、
     単なる技術的なものから道としての武へ、敵を倒すため
     だけに止まらない、生きるための要素が多く含まれる
     ようになった。
     すなわち殺戮(さつりく)の道具としての武術が、社会に
     生きる人間に必要な心のよりどころとしての「道」として
     の武道になったのである。

     だが、思想のみに走り武道本来の「行い」を軽視し、修行
     としての「道の業」をおろそかにしてはならないのである。
     武の道も人の道と同様に行動であり、考えのみ先行するので
     はなく、思想はその行ないの裏付けとして在るべきであろう。
  •  















  • 合気道は自然の理に逆らうことがありません。

     相手が押してくれば、無理に押し返そうとせず、
     押してくるあいての力の流れに自分の力を合わせ、
     また、相手が引っぱれば、それに逆らって引き
     戻そうとせず、むしろ相手の引く力に乗ってさらに
     自分の力を加えて技を掛ける。
  •  相手の力や動きに合わせて技を掛け相手を制するの
     です。
     このように相手と気を合わせることから「合気道」
     という言葉が生まれました。
     技の中の動作には、直線的な運動はほとんどないと
     いってもよいでしょう。

     足さばき、上体の移動や腕の運動など、大小の円周上
     を弧を描くように行われ立体的にもなり、さらには
     球体を描いたり、あるときはらせん運動を行うことに
     よって、何らかの相手の力を利用して技を掛けます。